NEWS
ABOUT THE STAGE
OSAKA
TOKYO
FOR TODAY
CAST
STAFF
HOME

ABOUT THE STAGE

2017年に丸山隆平が主演を務め、話題をさらった映画「泥棒役者」は、丸山自身の持つ明るさと哀愁が役と重なり合い、個性豊かな共演陣との秀逸な会話劇によるワンシチュエーションコメディとして大変好評を得ました。そしてこのたび映画に続き、丸山主演で舞台版「泥棒役者」が4月から上演されることとなりました。歌手としてはもちろん、バラエティ、近年は情報番組の司会など多岐に渡って活躍し、俳優としても、ドラマ・映画・舞台とジャンルを問わず高い評価を得ている丸山の約2年ぶりの舞台となる本作。前回の主演舞台「マクベス」では、野心、嫉妬、狂気に翻弄される悲劇の英雄を演じ、その表現力の高さをいかんなく発揮しました。その丸山が、自身のハマり役となった「泥棒役者」の泥棒・はじめ役に再び挑む最新の舞台版にも期待が高まります。

そして、泥棒・はじめ(丸山)に侵入される家の主、絵本作家・前園を、東山紀之が演じます。本作にて丸山と東山の共演は本作が初になります!
神経質で、相手に話す隙を与えない奇妙なテンションで周りの人間を翻弄する、独特な個性を持つ絵本作家・前園。舞台「フランケンシュタイン」「ジャンヌ・ダルク」では、確かな演技力とその役柄の幅の広さを見せつけた東山。歌手、俳優、そして情報番組の司会も務め、そのすべてに対して常にストイックな姿勢が印象的なだけでなく、ウィットに富んだ独特なコメディセンスを持つ東山が前園役を演じることで、作品にこれまでにない奥行きと新たな可笑しさが生まれることでしょう。丸山VS東山の至極のコメディ対決はまさに必見です!

脚本・演出はコメディ作りに定評のある気鋭の作・演出家、西田征史。彼が脚本を担当し、2016年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は、平均視聴率が22%を超える人気を誇り、日本中の注目を集めました。この「泥棒役者」は、もともと舞台作品として2006年に西田自身が脚本・演出を手掛けて上演した西田にとっても思い入れの深い作品。そして2017年に自らリライトして監督を務め映画化しこの度、原点回帰となる再びの舞台化となります。愛嬌のあるキャラクターたち、テンポの良い会話劇、そして偶然と勘違いから繰り広げられる抱腹絶倒のコメディは西田の真骨頂と言っても過言ではありません。そのすべてが凝縮された「泥棒役者」に、その魅力を知りつくした丸山と、初タッグとなる東山が競演する本作。どんな化学変化が生まれるのか、注目が高まります!

偶然と勘違いから巻き起こる笑いが満載のハートウォーミングコメディーに、どうぞご期待ください。

個性あふれるキャラクターたちに息を吹き込むのは、もちろん個性あふれるキャストたち

泥棒のはじめ、絵本作家の前園以外にも個性あふれるキャラクターが次々と登場する「泥棒役者」。前園を担当する編集者には、舞台・映画・ドラマと幅広く活躍する若手実力派女優・佐津川愛美、豪邸を訪れるセールスマン轟には、ピン芸人として活動し俳優としても活躍する与座よしあき、前園家の近隣に住むユーチューバーで執拗なクレーマーには、自ら脚本・演出を手掛ける“一人演劇”に取り組むなど個性的な活動をする川島潤哉、泥棒仲間ののりおにはヨーロッパ企画の中川晴樹、おなじく泥棒仲間のコウジには西田作品に多数出演している中谷竜、そのクレーマーの通報により前園家を訪ねてくる警察官などにプロデュース・ユニット、オーストラ・コマンドーの後藤剛範と個性あふれる実力派が結集致しました。


STORY

昔の泥棒仲間に強引に連れられ豪邸に忍び込んでしまった鍵明け名人のはじめ。
金庫に向かったまさにその時、セールスマンが訪れ、はじめは豪邸の「主」だと勘違いされてしまう。
困ったことに、本当の「主」である絵本作家の前園俊太郎にも見つかってしまうはじめ。
しかし前園からは新しく担当になった編集者と勘違いされ、
その上、原稿を催促しに来た本当の編集者からは、絵本作家・前園その人だと勘違いされてしまう。
次々と家を訪れる珍客と前園のあいだで右往左往しながら、はじめは、何とか豪邸から逃げ出そうと画策する。
そのためには、その場しのぎで、間違われたその“役”を、必死に演じ続けなければいけないのだった……。